ウォーターサーバー口コミランキング

耐震設計に対応したウォーターサーバー4

これからウォーターサーバーの導入を考えたとき、まずは安全に使用できることも選ぶうえで重要な条件になりますね。

 

 

 

今では様々な種類のウォーターサーバーが登場しています。

 

参考までにhttp://ウォーターサーバー5.com/です。

 

その中には、部屋に設置しても違和感がないようなデザイン性の優れたものや、スリムなデザインのものも増えています。

 

 

 

確かに部屋に置いたときに見栄えが良いことは選ぶうえでも大きなポイントになりますが、まずは倒れることがないのかという点にも気を配る必要があります。

 

 

 

例えば、家に小さなお子さんや高齢者がいるご家庭の場合、大きな地震が来て重量のあるウォーターサーバーが転倒してしまうと怪我をする可能性も高くなります。

 

そのため、まずは何かあった時にも転倒しないように、耐震設計で作られているウォーターサーバーを選ぶようにするとよいです。

 

耐震設計のウォーターサーバーを導入すれば、万が一大きな地震があっても倒れる心配なく使用することができます。

 

 

 

また耐震設計の物を導入すれば、置き場所に工夫をしたり、新聞紙を下に挟むなど自分たちで倒れないように工夫する必要もなくなります。

 

 

 

安全に水を飲んでいきたいと思った時には、このような点についても注目して選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーで安全な飲料水

地方部で、地下水が豊富な地域に住んでいます。

 

昨年の震災でも、上水道は大きな打撃を受けましたが、飲用に耐える地下水が豊富な為、飲料水にはそれはど困りませんでした。

 

 

 

この様な土地柄ですので、はっきり言って、ウォーターサーバーの必然性は、あまり感じていなかったのが正直な所です。

 

ところが、地下水の硝酸態窒素汚染に関しての記事を読み、考えが180度変わったのです。

 

硝酸態窒素汚染とは、一言で言うと、農作物の栽培に使用した窒素肥料が植物の成長で使用しきれず、そのまま地下に染みこんで地下水を汚染してしまう事を言います。

 

通常の汚染物質の場合は、土壌や岩盤が天然のフィルターとなり、様々な汚染物質をこし取ってくれます。

 

この理屈は、土壌や岩盤はマイナスに荷電し、ほとんどの汚染物質はプラスイオンとなって荷電している為、お互いに引き合うからだと言われています。

 

ところが硝酸態窒素だけは、土壌や岩盤と同じマイナスイオンとして荷電している為、土壌や岩盤の天然のフィルターをくぐり抜けるのだそうです。

 

硝酸態窒素が多く含まれた水を長く飲用していると、特に乳児等でメトヘモグロビン血症と呼ばれる症状が出る事がある様です。

 

 

 

日常的に地下水を飲み、赤ちゃんのいる我が家では、人ごとではないと痛感しました。

 

この為、RO水を宅配してくれるウォーターサーバーを設置し、利用する様になりました。

 

安全な飲料水を確保する為に苦労しなければならないとは、時代の流れを痛感してしまいます。

ウォーターサーバーを取り入れてみたい

我が家では、ご飯を作る時などミネラルウォーターを使用して料理しています。

 

水を飲む時にも、ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいます。

 

また、ポットを使用しているのですがその水もミネラルウォーターを入れて利用しています。

 

毎回購入する時には、通販を利用して一番安い値段の時にまとめて箱買いをしています。

 

 

 

届くと毎回思うのですが、ダンボールに入って届くのでダンボールの処分に困ります。また、ペットボトルも2リットルサイズなのですがゴミを出すのもかなりの量のペットボトルなので大変です。

 

 

 

お友達の家に遊びに行くと、確実にウォーターサーバーがあります。

 

お友達も飲み水やご飯の支度などで利用しているみたいです。

 

ウォーターサーバーの水が入っている容器も、回収してくれるという話を聞いたりポットなど使わなくてもお湯がすぐに使えるという話を聞くと、ミネラルウォーターを通販で購入するより、利点がたくさんあるような気がしています。

 

 

 

空のボトルは回収してくれる、ポットをつかう必要がない、使いたい分だけすぐに使うことが出来る、我が家もペットボトルを購入するので変わらない金額なら、ウォーターサーバーを導入したいと思っています。

 

 

 

サーバーの置き場所を決めたら、ウォーターサーバーを利用してみたいと思います。